« 2008年6月 | トップページ

2008年7月

郷先生の講演会ご報告

7月20日岐阜県、21日大阪市にて郷仁(ゴウ メグミ)先生の
講演会を主催させて頂きました。
岐阜県講演ではKさんのご尽力で40人ほどの方が参加して下さり、
第1回目ということもあり、かなりの緊張感を覚えながらの
バタバタした中でのスタートとなりました。

郷先生のお声は、1/fのゆらぎのごとくとても癒しのお声で、
聞いているだけでほんわかした穏やかな気持ちになります。
人として大切な事、元気に日々を過ごす方法、心の持ち方、
自然治癒力を高める方法、等々のお話の後、
実際に体の健康状態がよろしくない方の診察をされて、
パーキンソン病のご婦人が、郷先生のお声かけと呼吸法等で
手の震えが止まり、最初前方に出られる際は介助されて
歩かれていたのが、終了後にお席に戻られる際は
スタスタとご自分で歩いて戻られた時は、会場から拍手喝采 !!

車椅子で来られた年配のご婦人も、郷先生が語りかけられ
施術された後は、笑顔になりましたが、
そのご婦人の娘さん曰く
「長い間、母の笑顔を見れなかったのに・・・」と
声を詰まらせ、喜ばれていました。
大阪の会場では肩こりのひどい方が、郷先生によって
肩がとても良くなりとても軽くなったと、大変驚かれ喜ばれていました。

郷先生は「人に喜ばれてうれしい !」と常々おっしゃっておられますが
まさにその連続でした。
郷先生から「そちらで講演させていただくことで、僕の流れも
とても大きく、ヨロシイ感じになっています。ありがとう!」
とお礼のお便りも届きました。
とてもありがたいことです。
また、この講演会にご参加下さった方々から
「こんな素晴しいお話をたくさんの人に聞いてもらいたい。
次回日程が決まったら、必ず連絡下さいね」という
うれしいお言葉もいただいております。

郷先生から教えて頂いた事で、
 “こうしなければならない!!”
 “こうであるべきだ!”では無いのですよ。
 “い い か げ ん=良い加減”ですよ!

あ~~そうなりたいなぁとつくづく思います。
こうしなければならない!なんて、
人が勝手に決めてしまった枠なんでしょうね。
“許す”、“認める”、とても難しいことでもありますが、
とても大切なことですね。

068_3

    

070_6
   

     

071_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目チカラメーク…要注意

 若い女性を中心に流行中の、まぶたの際にアイラインやアイシャドーを塗る化粧法が、ドライアイなどの病気を起こす可能性が高いことが岩手県奥州市の開業医、鈴木武敏医師らの調査で分かった。

 女性誌などでは「目が大きくはっきり見える」として、まつげの間を埋めるようにアイラインを塗ったり、下まぶたの際の粘膜にアイシャドーを塗る化粧法が紹介されている。

 こうした化粧法の影響を調べるため、20代の健康な女性3人の目の縁に化粧して観察したところ、3時間後には目の表面を覆っている涙の層が部分的にはげたり厚さが不均一になり、目のかすみや痛みを生じるドライアイの状態になった。また、目の縁に濃い化粧をしている24~45歳の受診患者8人について、目の表面の涙が乾き始めるまでの時間を計ったところ、全員が正常とされる10秒を下回った。まぶたの縁には目を保護する油を出す分泌腺があり、この腺が化粧でふさがれたためとみられる。

 粘膜部分に化粧を繰り返し、皮膚炎やまつげの脱毛などを起こした例もあった。鈴木医師は「間違った化粧は病気の原因」と注意を呼びかけている。【柳原美砂子】

そうですかぁ~ coldsweats01
最近のメークは確かに目元を強調するメイクが主流になってますね

とくにウォータープルーフというタイプ・・・

汗や水に強いとされるアイライナーやマスカラが好まれています。

にじまないので、若い人はほとんど使用しているのではないですか?

あれは道路を舗装するときに使われてるコールタールと同じですからね・・・

専用のリムーバーで落とさないととれないのが多いはずです

それだけまぶたやまつげには負担にはなっています

製造元に聞きましたら、まつげが細くなったり抜けやすくなる・・と

言っておりました coldsweats02

美しく装うのが化粧の目的であり、綺麗になるとは

少し違うようですね・・・

つげまつげもはやってますし、まつげのエクステも流行ってますが

皆さんお気をつけあそばせ sign03

接着剤がどれほど害があるか・・・

長くやってると絶対よろしくないですよ sign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンスターハズバンド、モンスターペアレント

最近、モンスターハズバンドやモンスターペアレントという

言葉を耳にしませんか?

意味を聞くとびっくりしますね gawk

 まずはモンスターハズバンドから・・・

 医療費支払いに関するトラブルから。

夫は「病院は金がなくとも妊婦を診るのが当然。

失業中だから入院費は払えない」「この病院で診察しないなら、

他病院へのタクシー代を払え」など・・

 また男性であるがために受難にあった医師も。

分娩経過観察のため、妊婦の内診をしたところ、

同席の夫がセクハラであると抗議。

やむなく女性医師に交代させたという。当直医が男性だけなのに、

女医の診察を強硬に求められるケースなど、

男性医師をめぐるトラブルは多いといい、

 このほかにも、出産に立ち会った夫が、

陣痛時の妻を見て「こんなに痛がっているのに、

何もしてやれないのか」と苦情を言う

▽個室希望の患者に4人部屋しか空きがないことを伝えると、

夫が「個室を用意しろ。どこかに部屋はあるはずだ」

と大声で壁をたたき、スタッフを威嚇。

 一方、こちらは妻の“威嚇行為”の例。

患者本人から「付き添いの夫に食事を出してほしい」との要望があり、

病院側では実施していないと説明したところ、

高い室料を払っているのに、ありえない。これは詐欺だ」

マスコミにこの病院はこんなことをしてやると流してやる」と発言した。

このように弁護士や報道、インターネットという言葉を使って、

病院側を脅すケースは多いという。

  一方、モンスターペアレントは・・・

学校に無理難題を突きつける保護者は、

教育現場では「モンスターペアレント」と呼ばれる。

 神奈川県相模原市のある中学の校長室。母親同士が激しい言い争いをしている。

しかも子どもの前だ。

せっかく子どもが自分たちでいじめのトラブルを解決しかけていたのに、

納得しない親たちが相手の子どもに罵詈(ばり)雑言を浴びせつける。

 同校の教員(36)は「親が中学生と同レベルで本気で怒って

泥沼化させてしまう。中には『身内には弁護士もいる』

と裁判をちらつかせて責める親もいる」と話す。

 「うちの子がいじめられた」と訴える父親が、

“容疑児童”の調書を作って乗り込んできたことがあった。

他の子どもたちに聞き取り調査まで行い「〇月〇日、

A子はどこで誰に何をした」などと数十ページにわたって詳細に記し、

「悪質なA子の転校を求める」と要求された。

「自分の子だって他の子をいじめてるのに、

わが子の『やられた』という言い分しか信じない」とこの教員は首をかしげる。

 電話での問い合わせや苦情も「日常茶飯事」(ある教員)

東京都内のある公立小学校では毎日午前十時までと午後四時以降は、

保護者からの電話応対の時間に充てている。

教員は帰宅後も応対が終わらない。

真夜中に生徒の母親から「離婚したいけど先生どう思う?」と、

家庭内のことで自宅に相談の電話がかかってきたこともあった。

 学校の指導法にクレームをつける保護者もいる。

教育上決めたルールに従って進めているのに

「うちの子は足が速いのになぜリレーの選手になれないのか」

「うちの子は二十五メートル泳げるはずなのになぜ検定に受からないのか」と苦情がくる。

 前週に配ったプリントを子どもが親に渡し忘れていたのに

「本当に配ったのか」と非難される。後にランドセルの奥からプリントが発見されると

「先生の指導が悪い。おかげでうちの子の課題提出が遅れた」と逆ギレされた

 「学校の監視」は徹底している。

校庭を見下ろす高層マンションに住む保護者は、

双眼鏡で体育などの授業の様子をチェックしては、

翌日の連絡帳に「ここはこういう指導法に変えた方がいい」などと細かく

“アドバイス”してくるという。こうした保護者は、

いつでも急降下(要求)できる状態で子どもや学校現場の上空を旋回することから

「ヘリコプターペアレント」とも呼ばれる。

 こうした保護者が増えた背景には教育への不信感だけではなく、

「消費社会の中で、親の意識が『学校とともに子どもを育(はぐく)むパートナー』から

『サービスの受益者』に変わり、顧客満足度が学校評価の物差しになったそうですが・・

 以前は地域で子育てする中でわが子の位置を自然に把握できたが、

今は近所付き合いもなく自分の子しか眼中にない親が増えた」という事でしょうか・・

経済的に苦しいわけではないのに給食費を払わない親がいることは

かなり問題になっていましたが

 どうなんでしょうか・・・

大人の判断が崩れてきていませんか?

 心の健康状態がよろしくない大人が増えてきていませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

うだるような暑さのサウナ車・・・(-_-;)

なんて暑いのでしょう!!

 car車に乗る瞬間 “むわ~ん”となんとも言えない不快感coldsweats02

真夏がやってきたようですimpact

 もっと悲しいことに クーラーが故障・・・

 窓を全開にして走っても

汗がにじんできます・・・sweat01

 まとめた髪があっちこっちに暴れてます・・・

 新しい車を5月の半ばから頼んでるのに

担当者のミスで6月末になるらしいです bearing

 あと一ヶ月・・・サウナ車に乗らなければいけないのです・・・

 ちなみに車はハイブリット車です

エコを考えて・・・そして燃費を考えて・・・

 ℓ/28キロ・・

 楽しみです happy01  経費削減 リース車です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ